スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(雑記)あけましておめでとうございます 

2008-01-01.jpg


女性支配催眠ファンの皆様、今年もよろしくお願いします。

(だ)Doubt 

作:外海 良基
単:エニックス ガンガンコミックス(2007)

■第1巻 Doubt.1「PLAYER」
「ラビット・ダウト」とはウサギ(プレイヤー)の中に紛れ込んだ嘘つき狼(犯人)を探し出す携帯電話のネットゲーム。ミニゲームを失敗するとウサギが一匹ずつ狼に殺されていく。そんな仮想ゲームのファン6人がオフ会で初めて出会うことになった。

参加者の一人、車椅子の美少女「羽佐間レイ」は、過去に「催眠少女」として世間を騒がせた天才少女催眠術師だった。だが、そのショーはヤラセだというマスコミの激しい追求に精神的に追い込まれ、飛び込み自殺を図ってしまう。だが死にきれずに車椅子生活となった彼女はひっそりと世間から隠れて生活していた。
他の参加者はそんな彼女を励まし、レイも新しい仲間に心を開き出す。
だがカラオケを楽しんでいた6人は突然何者かによって謎の建物に気を失ったまま連れ込まれてしまった。彼らの目の前には天井から吊されたレイの死体。彼らは現実の殺人ゲームに巻き込まれてしまったのだ。

当ブログ的に大注目は当然「催眠少女」レイちゃんですが、残念ながら彼女は第1話ラストでいきなり惨殺されてしまいます。しかしこれだけ催眠少女としての過去にスポットを当てて描いているだけに、ただの第一被害者で終わるとは考えにくいです。いや、これで終わらないで欲しい(願望)
個人的には最終的な犯人がこのレイちゃんで、すべての謎は彼女の催眠術によって作り出されていたものとなれば最高なんですが。推理物の展開としては反則気味かもしれませんが……(^^;)
とりあえずまだ連載中の漫画なので、今後の展開に注目したいと思います。
(紹介&文:kurukuru)

doubt01.jpg■「ラビット・ダウト」のオフ会に集まった参加者の中に車椅子の美少女レイがいた。
彼女は「催眠少女」として世間を騒がせた過去があった。

doubt02.jpg■参加者の裕とそのガールフレンド美月もかって彼女の大ファンで、美月はテレビを通して彼女の催眠にかかり踊り回ったことがあると言う。

(ち)地球防衛家族 

原:河森正治
放:WOWOW(2001)
制:グループ・タック

千葉県船橋市に暮らす平凡な一家族が、宇宙怪獣を相手に謎の存在から与えられたパワーを使って地球防衛のために活躍する。

■第1話「地球最期の日」
主人公の男子小学生、大地大の隣席に忽然と現れた謎の美少女。見覚えのない彼女を訝しがっている内に、大は少女に催眠をかけられ彼女が転校生だという偽の記憶を植え付けられてしまう。

白鳥エレンがとてもかわいいです。彼女の催眠シーンは唯一、自分が転校生だと大に思いこませる場面のみですが、エレンの顔が徐々にアップになりつつ「わたしよ、わたし……」と呟くシーンは妖しい雰囲気が出てていいと思います。
(紹介:惣色エルフさん 文:kurukuru)

tikyu-boeikazoku01.jpg■大の隣の席にに謎の女の子が突然現れる。
大「誰だおまえ、いきなり……」

tikyu-boeikazoku02.jpg■女の子は大をじっと見つめて呟く。
「あれ、わすれちゃった?大地大くん」
「ほら、わたしよ、わたし……」
女の子の目が妖しく輝く。

tikyu-boeikazoku03.jpg■見つめられた大は催眠状態に。
大「あ……白鳥エレン」

tikyu-boeikazoku04.jpg■大「そっか、この間転校してきたんだっけ、おまえ」
大は偽りの記憶を植え付けられてしまう。

(ぼ)ボーダー 犯罪心理捜査ファイル 

放:日本テレビ(1999)
制:よみうりテレビ イースト

犯人の深層心理を追い、事件を解決する心理技官、杉嶋桐恵(中森明菜)の活躍を描くサイコ・サスペンスドラマ。

■第7話「呪いの女!いじめが生んだ悲劇」
中学時代にいじめを受け、自殺未遂で下半身不随となった少女(持田真樹)の母親(赤座美代子)が、催眠術を使って復讐する話。彼女はエステの職員となり、客の少女達(いじめた仲間達)に振り子と音楽を使って催眠術をかけ、殺人を犯させる。

少女がタロットカードの呪いでいじめっ子たちに復讐していたと思ってたら、実は少女の母親が催眠術を使って犯行を行っていた、というストーリー。少女が催眠術を使っていじめっ子たちに復讐するというストレートな展開だったら催眠ファンはもっと萌えられたんですがねえ。
(紹介&文:kurukuru)

border01.jpg■電話を受けた直後、浩美は婚約者を殺害してしまう。

border02.jpg■娘をいじめによって自殺未遂に追いやられた母親が、催眠術を使って復讐していたのだ。

border03.jpg■エステで振り子を見つめさせ、音楽を聴かせて催眠誘導する。

border04.jpg■いじめっ子の最後の一人に、音楽を聴かせる事により、催眠状態にして動けなくし、絞殺しようとする母親。

(も)燃えろアーサー 白馬の王子 

原:トーマス・マロリー(翻訳:御厨さと美)
放:フジテレビ系(1980)
制:東映動画

罪もない人々を苦しめる悪党ザイキングを倒すため、キャメロットのアーサー王子が身分を隠して旅に出る。普段はしがない青年アーサーとして旅を続けているが、ひとたび事件が起これば「白馬の王子」を名乗り正義の剣を振るう。前作「円卓の騎士物語燃えろアーサー」の続編。

■第15話 怪奇!幻のギネビア姫
白馬の王子が実はアーサーではないかと疑うラビック王は、魔女メデッサの力を借りて王子の正体を暴こうと企む。メデッサの従姉妹で狼族のギルはギネビア姫に化け、アーサーを古城へ導き入れることに成功。二人きりになったところで催眠術をかけ正体を明かさせようとする。

美しいギネビア姫の目が妖しく光り、七色の丸い光がぐるぐると円を描く催眠効果の表現は他ではあまり見たことがなく、なかなか素晴らしいものがあります。もう少しで堕ちそうになったアーサーですが、聖なる盾のおかげで難を逃れたのがなんとも女性支配ファンには惜しい展開ですね。
(紹介&文:kurukuru)

moero-arthur01.jpg■ギルはギネビア姫に化けてアーサーを城の中に導き入れる。
ギネビア姫「ここにはあたくしたちだけしかおりません。どうぞご安心なさって兜をお脱ぎくださいませ。」
アーサー「姫……?」

moero-arthur02.jpg■ギネビア姫「あなたはキャメロットのアーサー王子でございましょう?」
突如、ギネビア姫の目が妖しく光るとアーサーは動けなくなってしまう。
アーサー「う……!?」
ギネビア姫「目をおそらしにならないで!!」
アーサー「ぐ……ああああ……」

moero-arthur03.jpg■ギルの魔力に引き込まれながらもアーサーは必死で過去の記憶を探り、目の前のギネビア姫が偽物であることを見抜こうとする。
アーサー「……おかしい目がくらむぞ……それにギネビア姫ならサクソン城で出会ったはずだ……そうだ、いまさら私を確かめようとするはずがない」

moero-arthur04.jpg■しかし、さらにギルは催眠力を上げアーサーの心を縛り上げようとする。
ギネビア姫「さあお答えください。あなたはアーサー王子なのですね?」
アーサー「はなしてくれ……こ、この手を……ギネビア姫!!」
ギネビア姫「私はカメリヤードのギネビア姫。あなたはキャメロットのアーサー王子。そうなのでしょう?」
アーサー「違うんだ……私はアーサー王子ではない……あなたもギネビア姫ではない……」
抵抗しながらも姫の魔力から逃れられないアーサー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。