スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(だ)Doubt 

作:外海 良基
単:エニックス ガンガンコミックス(2007)

■第1巻 Doubt.1「PLAYER」
「ラビット・ダウト」とはウサギ(プレイヤー)の中に紛れ込んだ嘘つき狼(犯人)を探し出す携帯電話のネットゲーム。ミニゲームを失敗するとウサギが一匹ずつ狼に殺されていく。そんな仮想ゲームのファン6人がオフ会で初めて出会うことになった。

参加者の一人、車椅子の美少女「羽佐間レイ」は、過去に「催眠少女」として世間を騒がせた天才少女催眠術師だった。だが、そのショーはヤラセだというマスコミの激しい追求に精神的に追い込まれ、飛び込み自殺を図ってしまう。だが死にきれずに車椅子生活となった彼女はひっそりと世間から隠れて生活していた。
他の参加者はそんな彼女を励まし、レイも新しい仲間に心を開き出す。
だがカラオケを楽しんでいた6人は突然何者かによって謎の建物に気を失ったまま連れ込まれてしまった。彼らの目の前には天井から吊されたレイの死体。彼らは現実の殺人ゲームに巻き込まれてしまったのだ。

当ブログ的に大注目は当然「催眠少女」レイちゃんですが、残念ながら彼女は第1話ラストでいきなり惨殺されてしまいます。しかしこれだけ催眠少女としての過去にスポットを当てて描いているだけに、ただの第一被害者で終わるとは考えにくいです。いや、これで終わらないで欲しい(願望)
個人的には最終的な犯人がこのレイちゃんで、すべての謎は彼女の催眠術によって作り出されていたものとなれば最高なんですが。推理物の展開としては反則気味かもしれませんが……(^^;)
とりあえずまだ連載中の漫画なので、今後の展開に注目したいと思います。
(紹介&文:kurukuru)

doubt01.jpg■「ラビット・ダウト」のオフ会に集まった参加者の中に車椅子の美少女レイがいた。
彼女は「催眠少女」として世間を騒がせた過去があった。

doubt02.jpg■参加者の裕とそのガールフレンド美月もかって彼女の大ファンで、美月はテレビを通して彼女の催眠にかかり踊り回ったことがあると言う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。