スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ち)地球防衛家族 

原:河森正治
放:WOWOW(2001)
制:グループ・タック

千葉県船橋市に暮らす平凡な一家族が、宇宙怪獣を相手に謎の存在から与えられたパワーを使って地球防衛のために活躍する。

■第1話「地球最期の日」
主人公の男子小学生、大地大の隣席に忽然と現れた謎の美少女。見覚えのない彼女を訝しがっている内に、大は少女に催眠をかけられ彼女が転校生だという偽の記憶を植え付けられてしまう。

白鳥エレンがとてもかわいいです。彼女の催眠シーンは唯一、自分が転校生だと大に思いこませる場面のみですが、エレンの顔が徐々にアップになりつつ「わたしよ、わたし……」と呟くシーンは妖しい雰囲気が出てていいと思います。
(紹介:惣色エルフさん 文:kurukuru)

tikyu-boeikazoku01.jpg■大の隣の席にに謎の女の子が突然現れる。
大「誰だおまえ、いきなり……」

tikyu-boeikazoku02.jpg■女の子は大をじっと見つめて呟く。
「あれ、わすれちゃった?大地大くん」
「ほら、わたしよ、わたし……」
女の子の目が妖しく輝く。

tikyu-boeikazoku03.jpg■見つめられた大は催眠状態に。
大「あ……白鳥エレン」

tikyu-boeikazoku04.jpg■大「そっか、この間転校してきたんだっけ、おまえ」
大は偽りの記憶を植え付けられてしまう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。