スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ひ)姫将軍大あばれ 

放:テレビ東京(1995)
制:ジャングル

日光江戸村のスーパーヒロイン・本倉さつき演じる、姫将軍こと天秀尼(てんしゅうに)が供を引き連れ、世直しに大暴れする女性版「水戸黄門」。姫将軍のお供の一人、傀儡のお蝶(渡辺裕美)の得意技は催眠術。

■第2話 「花嫁御寮の赤鬼退治」
悪事に荷担する染屋の男、茂助から情報を聞き出すために、お蝶が催眠術を使う。
くノ一の妖しげな催眠誘導シーンをじっくりと描いていて興味深いエピソードです。ただしその技があまり作品の雰囲気に合わなかったせいか、全48話中催眠術を使うのはこの後1回のみというのが何とも惜しまれます。
(紹介&文:kurukuru)

himesyogun01.jpg■くノ一のお蝶が茂助に催眠術をかける。
「ほおら、おまえは眠くなる~。どんどんどんどん眠くなる~。とってもいい気持ちだ。ここは極楽なんだよ~」

himesyogun02.jpg■手をゆらゆらと揺らしながら誘導するシーンは催眠術の妖しげな雰囲気を存分に漂わせる。
「綺麗な蝶々が見えるかい。お前を極楽に誘う御仏の化身されたありがた~い蝶々だよ」

himesyogun03.jpg■催眠状態に入った茂助。極楽に飛ぶ赤い蝶々の幻覚を見ている。
「蝶だ、蝶だ。ありがたいこった。おらぁ幸せもんだ」

himesyogun04.jpg■蜘蛛の巣越しのカメラアングルはくノ一の催眠技に絡め取られた状況をうまく表現していてグッド。
「お前さんの名前は?」
「・・・茂助」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。