スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ざ)The かぼちゃワイン 

原:三浦みつる
放:テレビ朝日(1982~1984)
制:東映動画

主人公、青葉春助は体は小さいが女嫌いの硬派を自称する熱血漢。私立サンシャイン学園に転校してきた彼は、学園に着いた途端に朝丘夏美(ニックネームは体が大きいところからLサイズの「エル」)という女生徒に一目惚れされてしまう。
80年代「週刊少年マガジン」で人気を博した同名ラブコメ漫画のアニメ化作品。

■第28話「催眠術で 大接近!!」
春助は古本屋から適当に仕入れてきた本の中から「催眠術入門」を読み始める。応援団の団長たちに試してみるが、さっぱり上手くいかない春助はエル(声:横沢啓子)を実験台にしようとするが。

春助がエルに、その後エルが春助に催眠をかけるシーンが、かなり長い尺を使って描かれています。導入暗示もありアニメ作品に登場する施術シーンとしては出色の出来と言って良いでしょう。エルは実はかかった振りをしていただけというオチがあるので、男性支配ファンには残念かも。
(紹介&文:kurukuru)

kabotya-wine01.jpg■春助は覚えたての催眠術をエルに試してみる。壁をコツコツと叩きながら暗示を与える春助。
「この音だけに精神をを集中させて……だんだん音が遠ざかっていく」

kabotya-wine02.jpg■今度は逆にエルが春助に催眠術をかける。
「ほおら、だんだんまぶたが重くなってきた……開けようとしても開けられないわよ」

kabotya-wine03.jpg■「いい、体中の力が抜けてとってもリラックスしてくるわよ」
あっさりと催眠状態に入る春助。

kabotya-wine04.jpg■「心がウキウキしてきます……ほらぁ、ジャズダンスでもしたい気分になってきた……手を三回たたくと体が勝手に動いて踊り始めるわよ、いい」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。