スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(み)水戸黄門外伝かげろう忍法帖 

原:葉村彰子
放:TBS系(1995)
制:C・A・L

人気時代劇シリーズ「水戸黄門」のスピンオフ作品。
かげろうお銀(=由美かおる)が、黄門様から授かった「世直し御免の状」を手に忍びの里の仲間と世直しの旅に出る痛快お色気アクション時代劇。

■第7話「地獄に夢の花が咲く」
かげろう忍群のくノ一、夢女(ゆめ)(=蜷川有紀)の得意技が催眠術で、目から妖しい光を発し相手に幻覚を見せます。
最近の(と言ってもこの作品でさえ10年以上前なのですが)忍者や超能力者を扱った映像作品における催眠術表現の典型的パターンと言った感じのシーンです。目がピカッで相手があっさり催眠状態。暗示は全くありません。
夢女のくノ一としての雰囲気、幻覚シーンはなかなか良いのですが、もはや記号と化している「目ピカ」施術は、催眠術ファンとしてはやはり物足りなさを感じてしまいます。

このシリーズ、くノ一忍群が全編にわたって幻覚系の術を使って活躍する女性支配ファンには嬉しい作品なのですが、ほとんどの術がCG、アニメ処理による魔法チックな表現になっているのが残念なところです。
以前に紹介した映画「忍びの衆」のような妖しさとリアリティを兼ね備えたくノ一の妖術を見ることは今後も望めないのでしょうかねえ。
(紹介&文:kurukuru)

kagero-ninpotyo01.jpg■夜伽を命じられたくノ一、夢女に迫る殿様。
「名は何と言う?」
「……夢女」

kagero-ninpotyo02.jpg■夢女の目が突然輝く。
「じっと私の目をごらんあそばせ」
口元の妖しい笑みが魅力的です。

kagero-ninpotyo03.jpg■光る目を見た途端あっさりと催眠状態に落ちるお殿様。
このシーンに夢女のねっとりとした口調の暗示がかぶされば言うこと無しなのですが……。

kagero-ninpotyo04.jpg■幻覚世界へ導かれ翻弄されるお殿様。
殿「美しい……」
夢女「ほほほほ……」
殿「夢女……待ってくれ」

スポンサーサイト

コメント

途中までですがこのシーンyoutubeで見つけました
ttp://www.youtube.com/watch?v=G3-JNpfWtXk
つかこの人和服が似合いすぎ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。