スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(り)リングにかけろ1 日米決戦編 

原:車田正美
制:テレビ朝日、東映アニメーション、マーベラスエンターテイメント(2006)

大ヒットしたボクシング漫画「リングにかけろ」のアニメ化シリーズ、セカンドシーズン。
高嶺竜児たち日本Jr.とアメリカJr.チャンピオン、ブラック・シャフト率いるアメリカ代表チームの死闘を描く。

■第5話「嵐を突き破れ!」
■第6話「誘惑!魔性の目」
■第7話「音階を駆けのぼれ!」
アメリカチームの紅一点ミズ・シャネル(声:小松由佳)は目を見た相手を自在に操る不思議な眼力の持ち主だった。
対する日本Jr.の河井武士はこの魔性の眼に翻弄され大ピンチを迎える。

河合選手、この試合ほとんど戦っていません。全編にわたってミズ・シャネルに幻覚を見せ続けられて操られっぱなしです。ミズ・シャネルの催眠パワーは原作を遙かに凌ぎ、漫画では志那虎の剣の音で正気に戻る河合でしたが、アニメでは正気に戻ったと思わされていたという展開に。
最後のオチさえ無ければ、女性支配を存分に楽しめる作品となっています。
第7話は実に良いところで(FDファン的に)終わっていますので、面白いからと言って決して8話は見ないようにしましょう(笑)
(紹介:午後の餃子さん 文:kurukuru)

ring-ni-kakero-a01.jpg■日本Jr.の石松の前に立ちふさがったミズ・シャネルは石松を一睨みで金縛り状態に。

ring-ni-kakero-a02.jpg■さらに観客に催眠をかけて集団ヒステリー状態に。

ring-ni-kakero-a03.jpg■リングに上がったミズ・シャネルは向かってくる河井に妖しく目を光らせて催眠状態に落とす。
「私は他人の綺麗な顔をつぶすのが何より好きなの。特にあなたのような美少年を見るとゾクゾクしちゃうわ」

ring-ni-kakero-a04.jpg■幻覚世界に引きずり込まれる河井。この後ミズ・シャネルに一方的に攻撃を受ける。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。