スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(に)忍者部隊月光 

原:吉田竜夫
放:フジテレビ系(1964年1月~1966年3月)
制:東映

世界征服を企む悪の秘密組織に立ち向かう忍者部隊の活躍を描くアクションヒーロー作品。マキューラ編にレギュラーとして登場する悪の幹部、M3号(浜村美智子)はペンダントを使った催眠術の使い手。

■第92話 キッドナップ(誘拐)作戦 前編
世界的な貿易会社、辰見貿易は核物質を無効化させてしまう特殊装置を世界連合本部に運搬する業務を行っていた。その会社を狙ったマキューラ団は、社長をホテルのロビーに呼び出す。そこに現れたのはマキューラ団員の女幹部M3号。彼女は社長に催眠術をかけ、アジトへ連れ去ってしまう。

M3号を演じる浜村嬢は、1950年代の終わりに歌手として一世を風靡したこともあるセクシー系エキゾチック美人。催眠シーンは、ペンダントを見つめさせるだけで暗示はありませんが、妖しい雰囲気たっぷりに演じてくれます。
(紹介&文:kurukuru)

ninjyabutai-gettko01.jpg■ホテルのロビーに偽の情報で呼び出された貿易会社の社長の前にマキューラ団の女幹部M3号が近づく。

ninjyabutai-gettko02.jpg■社長のすぐ側の椅子にかけたM3号は、じっと社長を見つめ続ける。
見つめられただけで催眠に落とされそうな素晴らしい目ですね。

ninjyabutai-gettko03.jpg■M3号が胸にかけているペンダントが、妖しげな光を放って社長の視線を釘付けにする。

ninjyabutai-gettko04.jpg■やがて社長の目が虚ろになっていき、視界がぼやけ、催眠状態に。地味な演出ですが、それが催眠術らしさを逆に醸し出してくれます。

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。