スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(し)七人のナナ 

放:テレビ東京(2002)
制:テレビ東京/ADK/GENCO

普通の中学三年生・鈴木ナナは、おじいちゃん・六造の発明品によって7人に分裂してしまった。それぞれが強烈な個性を持ち、しかもナナレンジャーというスーパーヒロインに変身してしまう6人のナナとオリジナルのナナが巻き起こす奇想天外なギャグアニメ。

■第5話「決定!神近君の志望校?」
ナナぽん(声:名塚佳織)は、テレビで見て覚えた催眠術を他の5人のナナたちにかけて、家中の掃除をさせてしまう。ナナはナナぽんの催眠術の威力に驚き、催眠を使って片思いの相手、神近君の志望校を探ろうとするが…。
催眠術は例によって振り子を振るだけの単純なものですが、効力は尋常じゃないです。ナナぽんが振り子を振りながら街を歩くだけで次々に人々が催眠状態に。シリアス系の催眠シーンを期待する方には、あまりお薦めできません(^^;)
(紹介&文:kurukuru)

7nin-no-nana01.jpg■ナナぽんはテレビを見て覚えた催眠術をほかの5人に試してみる。
「さあこのプリズムをごらんなさい。ゆ~ら、ゆ~ら、ゆ~ら……」

7nin-no-nana02.jpg■あっさり催眠術にかかった5人は、ナナぽんの命ずるままに家の掃除を始める。

7nin-no-nana03.jpg■催眠術の威力に驚いたナナは、ナナぽんに催眠術を教えてもらおうとする。ところが指導中にナナぽんは、鏡に映った自分の姿を見て自分がかかってしまう。

7nin-no-nana04.jpg■催眠状態のナナぽんは、外に出て街の人々に次々に催眠術をかけていく。
「ねむくな~る、ねむくな~る……」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。