スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(な)菜々子解体診書 

放:OVA
制:GENCO・パイオニアLDC(1999)

米軍基地のド真ん中にある治外法権な総合病院・拝病院を舞台に、天才外科医と主人公の見習い女子高生看護婦・菜々子が活躍するギャグタッチのアニメ。

■opr.III Psycho Patient(DVD第3巻)
拝病院に突然、無差別連続殺人の容疑者、灰土が患者として送られてきた。犯行時の記憶のない灰土にサイコセラピストの五月薫(声:加藤優子)は、逆行催眠をかけて記憶を蘇らせようと試みる。

施術シーンは、オーソドックスな振り子法。五月さんのルックス、雰囲気ともに施術者としてはとても魅力的なのですが、暗示の少なさと被術者の態度(かかってる感じがしない)にやや物足りないものがあります。
(紹介:NORさん、惣色エルフさん 文:kurukuru)

nanako-kaitai-sinsyo01.jpg■サイコセラピストの五月は灰土に逆行催眠をかけて犯行時の記憶を蘇らせようと試みる。
「さあ坊や、怖がらないで。これをよーく見るのよ」

nanako-kaitai-sinsyo02.jpg■催眠状態に入る灰土。
「さあ思い出してごらんなさい。どうして警察に捕まったの?」
「あなたは捕まえる前に何をしていたの?」

nanako-kaitai-sinsyo03.jpg■五月「どうしたの?言ってごらんなさい」
灰土「人を沢山……殺した……沢山……」

nanako-kaitai-sinsyo04.jpg■突然、灰土の様子に異変が現れ、見る見るうちに怪物に変貌していく。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。