スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(さ)催眠術で結婚する法 

作:川上則子
掲:週刊マーガレット(1969年24号)

60年代末の少女向け週刊誌に読切掲載された催眠術を題材にした恋愛漫画。
主人公の女子大生ミリンダは催眠術の天才少女。彼女の著書「催眠術で成功する法」はすで100万部を突破するほどの売れ行き。彼女には同じ大学の医学部にインターンの彼氏ポールがいるが、この彼氏、気が小さい故に国家試験に何度も落ちている情けない男。
そこでミリンダは得意の催眠術で彼の試験合格に一肌脱ぐことに。

ほのぼのした感じの恋愛コメディですが、意外に催眠術のシーンはしっかりと描かれています。
冒頭のシーンでスケベな生物学の教師に催眠術をかけるシーンがありますが、教師の目の前に「タッ!!」と気合いとともに二本指を突き出して相手が驚いた隙に「瞼が重くなる」という暗示を与えて催眠状態に導いたり、彼氏に催眠をかけるときには心が乱れて神経が集中出来ないので、ヒュプノディスクを使って催眠をかけたり、一度催眠にかかった人は二度目からは簡単にかかるというセリフがあったり、ある言葉が催眠をとくキーワードになっていたり、なかなか作者は催眠術の事を勉強して描かれているようです。
絵柄的には現在の漫画と比べれば古さは隠せませんが、こういう日常が舞台の漫画に登場する女性催眠術師が大好きな私にはかなりツボに来る作品でした。
(紹介:ぽんぽこさん 文:kurukuru)

saiminjyutu-de-kettkonsuruhou01.jpg■「催眠術の天才、ミリンダがまきおこす、とんだ大騒動のけつまつは!?」という柱の文が期待させてくれます。

saiminjyutu-de-kettkonsuruhou02.jpg■スケベな生物教師に催眠術をかけるミリンダ。妖しく手を動かす仕草と誘導暗示がいかにも催眠術してて良いですね。

saiminjyutu-de-kettkonsuruhou03.jpg■金鉱を発掘しに来たと思わせ地面を掘らせたり、温泉だと思わせて水たまりに飛び込ませたり素敵な小悪魔ぶりを発揮してくれます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。