スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(さ)殺人狂時代 

原:都筑道夫「飢えた遺産(なめくじに聞いてみろ)」
監:岡本喜八
制:東宝(1967)

大学で犯罪心理学を教えているマザコンの主人公、桔梗信治は謎の組織「大日本人口調節審議会」から突然命を狙われる。その組織の目的は世界の人口を調節するために不要な人間を密かに抹殺する事。しかもその会長は精神病院の院長であり、入院患者を洗脳して殺し屋に仕立てていたのである。

物語の中盤で登場する「日本スピリチュアリズム研究所」の女所長が実は催眠術師。信治の仲間の啓子と大友に心霊術と偽って催眠術をかけ、信治の居場所をしゃべらせた後、暗示で二人を鳥と思わせて窓から飛び降り自殺させようとします。
暗示シーンもたっぷりで、モノクロの強い陰影効果もあってか女催眠術師の妖しさ、不思議さ、恐ろしさを存分に堪能させてくれます。催眠術が妖しげなものでは無くなった現代、このような演出を映画監督に求めるのは酷でしょうし、我々女性催眠術師ファンはこういう古い年代の映画やテレビ番組から素晴らしい催眠シーンを探し出すしかないのでしょうねえ。
(紹介&文:kurukuru)

satujinkyojidai01.jpg■「日本スピリチュアリズム研究所」の所長、小松弓江(川口敦子)は啓子と大友の前で心霊術により信治に取り憑いた悪霊を探ろうとする。

satujinkyojidai02.jpg■霊魂を呼び出す儀式を行う弓江。しかしそれは二人に催眠術をかける為のフェイクだった。二人の目の前でゆらゆらと振り子のように揺れる人形の首を見つめている内に二人は催眠状態へ。
「さあ、暗い黄泉の世界へ行くがよい……霊魂がお前たちを呼んでいる」

satujinkyojidai03.jpg■催眠状態に入った啓子。
弓江「さあ答えなさい鶴巻啓子。桔梗信治は今どこにいる?」
啓子「……あたし信治さんが好き……大好き」
弓江「そんなことを聞いているのではない」
啓子「……はい」
弓江「大友……信治の居所を言いなさい」
大友「はい、信治の兄貴は車のトランクの中……」

satujinkyojidai04.jpg■二人から信治の居場所を聞き出した弓江は二人に鳥になる暗示を施し、ビルの窓から飛び降り自殺させようとする。
「さあ、今度はあんたの番ですよぉ……あんたも鳥です……背中に羽が生えてきましたよぉ……だんだん大きく大きく大きく……さあそれでいいでしょう」
「羽ばたいてごらんなさい……さあ飛びましょう……あんたはトンビよぉ」
トンビという言葉に拒否反応を見せる大友。
「じゃあコンドル、コンドルならいいでしょう?」
「この果てしない大空はあなたのものです……さあ飛びなさい」

スポンサーサイト

コメント

年末なので…

ネタ投下です。
妄想でお楽しみくださいw

http://jp.youtube.com/watch?v=xhef1wbSbDE

これはすばらしい…!
出来ることなら本当に催眠術をマスターして披露してもらいたいものですね。

>和尚さん
情報ありがとうございます。
これは良いですね~。
真似事とはいえなかなか仕草が様になっていますので、あかねちゃんには是非催眠術を使えるようになってバラエティ番組で披露してほしいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。