スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ば)バトルフィーバーJ 

放:テレビ朝日系列(1979)
制:東映、東映エージェンシー

邪神「サタンエゴス」を崇拝する悪の秘密組織「エゴス」に立ち向かう5人の戦士の活躍を描くスーパー戦隊シリーズ第3弾。

■第12話「呪い殺法バラ吹雪」
日本のあちこちの家庭で親子喧嘩が急に増え社会問題となっていた。その頃、マサルのクラスに新しい女教師(潤真理子)が赴任してくる。美人でスポーツ万能の彼女は生徒達に絶大な人気。しかし、この女教師の正体はエゴスの怪人バラリンカであった。
バラリンカは催眠能力を使って子供たちに催眠術をかけ、親に逆らわせていたのだ。彼女の目的は子供を親に逆らわせ、親が子を憎むようにして日本の家庭をバラバラにすることだった。

催眠能力を持つ女怪人は戦隊シリーズでは珍しくないのですが、このバラリンカが他の怪人と一線を画すのは、この能力がありがちな超能力的表現でなく、暗示を伴った催眠術として描かれているところです。
特に子供たちに教室で集団催眠をかけるシーンは戦隊シリーズ最高の女性催眠シーンの一つと言ってよいでしょう。
(紹介&文:kurukuru)

battle-fever-j01.jpg■サタンエゴスによって生み出されたバラの女怪人バラリンカ。透明能力と人を意のままに操る催眠能力を持つ。

battle-fever-j02.jpg■女教師に化けてマサルの学校に赴任してきたバラリンカ。
「では先生をよーく見てくださいよ。いいですか……」
先生の持つバラに意識を集中させられる子供たち。

battle-fever-j03.jpg■暗示をかけて子供たちを催眠状態に誘導する。
「バラリン……バラリン……バラリンタッタ……バラリンカ」
「そおら、君たちの体は前後に揺れ動いていく……そう……大きく、大きく……」

battle-fever-j04.jpg■催眠状態に落ちた子供たちに後催眠暗示を与えるバラリンカ。
「よろしい……では次にナイフを右手に持って。そう、呪文が聞こえたら明日遊園地でお父さんお母さんを……刺すのです!!」

スポンサーサイト

(く)くりぃむしちゅーのたりらリでイキます!! 

放:日本テレビ系列(2006)

人気お笑いコンビ、くりぃむしちゅーのバラエティー番組。

■「催眠術!上田晋也にかけたら100万円」(2006年12月7日放送)
催眠術を信じないと言う上田晋也に対して、4人の催眠術師が制限時間10分以内に催眠術をかけられたら100万円をゲット出来るという企画。
その4人の催眠術師の中に紅一点、青山 愛さんが登場。肩書きは「癒し系催眠ドクター」

「心癒し整体館」というカウンセリングルームを開かれている青山さん。そのカウンセリング体験から考案したという青山式催眠術を披露してくれます。
基本的には蝋燭の光を見つめさせて暗示により催眠状態へ導くという手法で、まずはお笑いコンビ、次長課長の河本氏を催眠にかけ、番犬にするというデモンストレーションを見せてくれます。
さらに上田氏にも同じ手法で催眠術をかけようと試みますが失敗。
しかしここからが青山式催眠法の真骨頂。今度は蝋燭のロウを上田氏の手に垂らして、その熱さで催眠状態へ落とすという何ともSMプレイ的誘導法を見せてくれます。ただあまりにユニークすぎて、これで本当に誘導できるのだろうかという感じも少々しましたが(^^;)

ともあれ女性催眠術師の催眠シーンをじっくり見られたのは催眠ファンとして幸せと言うほかありません。この企画、今後も催眠術師を募集するようですので、ぜひ全国の腕に覚えのある女性催眠術師の挑戦を期待したいですね。
(紹介BADBOYさん 文:kurukuru)

tarirari01.jpg■白いシャツにミニスカートという魅力的な姿で登場した青山さん。まずは次長課長の河本氏に催眠術をかけ番犬にしてしまいます。
「ゆったりとした気分でふかーく息を吸いましょう。どんどんどんどんふかーい催眠へ入っていきます。とっても心地良い……」
「それでは私が三つ数えるとあなたは優秀な番犬になります。ひとつ、ふたつ、みっつ、はいっ!!」
四つんばいになり吠える河本氏。
「泥棒が入ってきました。番犬です。さあ攻撃して!!ほら攻撃するのよ!!」

tarirari02.jpg■そしていよいよ上田晋也に挑戦。
「それではこの斜め上の蝋燭に意識を集中してください。そして呼吸を続けて……吐いて……ゆっくーり吸って……ゆっくーり吐いて……」「あたしの言うことを何でも聞きたくなってくる……あたしの言うことを何でも聞きたくなってきます」

tarirari03.jpg■さらに犬化の暗示をかける青山さん。
「それではまず椅子から降りて下に座りましょう……」
「あなたはコンテストに出る犬です。ひとつ、ふたつ、みっつ、はい犬っ!!」
「そう……みなさんにあなたの毛並みを見てもらって」

tarirari04.jpg■通常の誘導法ではかからなかった上田氏に青山式瞬間催眠法が炸裂。
青山「手にこの蝋燭を垂らして頭を急激にトランス状態へ持っていきます。手が熱いことによって頭の防御本能が働くんですね……」
上田「先生、かからなかったからといって拷問しようとしてるでしょう」
青山「違います。これは催眠です(笑)」「この蝋燭を垂らされるとコンテストの犬になりたくなります。さん、にい、いち、はい、コンテストの犬です!!」
上田「あつ、あつ、熱い熱い!!」
(会場大爆笑)


■「2大女優と夢の共演SP」(2006年12月21日放送)
これは催眠術企画ではないですが、女優の片平なぎささんがゲームセンターでくりぃむしちゅーの二人とゲーム対決をしている最中に素敵なパフォーマンスを見せてくれたシーン。
片平さんにはぜひドラマの中でも男を翻弄する女性催眠術師の役をやって欲しいものです。
(紹介&文:kurukuru)

tarirari06.jpg

tarirari05.jpg

(ま)マスターモスキートン’99  

作:あかほりさとる、ねぎしひろし
放:テレビ東京(1998)

主人公の女子高生イナホは、祖母から伝わる魔導書をヒントに秘宝「Oパーツ」を探す女子高生。普段は教師に身をやつす吸血鬼モスキートンを「血の契約」によって従えていた。

■第15話「よーせーギブスと転校生」
モスキートンとイナホの通う学園に転校してきた少女、クルスの正体は、吸血鬼ハンター、ダンピール一族の末裔。吸血鬼を退治するという一族の悲願を達成するためにやって来たのだった。イナホはモスキートンをおとりにしてクルスを呼び出し、催眠術をかけて吸血鬼は友達だという暗示をかける。

アニメではよく見かける五円玉を使った振り子催眠ですが、施術者イナホの支配的な表情と暗示の言葉によって魅力的なシーンに仕上がっています。
(紹介&文:kurukuru)

master-mosquiton01.jpg■モスキートンを腕ずくでも奪っていくと、イナホに迫るクルス。

master-mosquiton02.jpg■イナホは5円玉を使ってクルスに催眠術をかける。

master-mosquiton03.jpg■催眠状態のクルス。
「さあ、クルスちゃん。あなたはどんどん眠くなって赤ちゃんに戻って行くわ……」

master-mosquiton04.jpg■吸血鬼はお友達、という暗示をかけられたクルスは、献血センターの職員になってしまう。

(わ)ワイルドアームズTV 

放:WOWOW(1999)

荒廃した惑星ファルガイアを舞台に、少年ガンマン、シャイアンの冒険を描いたマカロニウェスタン風アクションアニメ。
主人公のシャイアンは伝説の武器「ARMS」使いの少年だが、実際は何者かに自分の体を奪われてしまった25歳の青年。彼は自分の体を探して仲間のキール、ロッタ、ミランダたちと共に旅を続ける。この仲間の一人、ノーブルレッドと呼ばれる吸血一族の少女ミランダ(声:藤枝成子)はコウモリに変身して催眠術を使う。

■第4話「ファルーナ・バイブル The Faluna Bible」
巨大な図書館のある街へ着いた一行。シャイアンたちは図書館の放火事件で身元不明の焼死体が出たと聞き、その死体を確かめるため、またミラベルたちは伝説の本ファルーナ・バイブルを手に入れるためそれぞれ図書館に潜入する。探し物の在処を知っているという館長は、何故か放火犯として図書館内の牢に監禁されていた。一行は牢屋へ忍び込むために、まずミラベルがコウモリに変身。牢番の二人に近づき、ゆらゆらと目の前を飛び回りながら催眠音波を発して催眠術をかけ、牢の入り口を聞き出しついでに鍵まで奪ってしまう。

ミラベルはとても可愛い少女で、大人二人を催眠術で操るシチュエーションはFDファン的にはとても魅力的なものなのですが、肝心の催眠シーンで、醜い豚のようなコウモリに変身して術をかけるのがなんとも残念です。
このシリーズ、通しては見ていませんのでこの他にミラベルの催眠シーンが登場する回があるのかはわかりませんが、出来れば少女の姿で催眠音波を発して欲しいですね。もしご存じの方がおられたら情報を寄せて頂けると助かります。
(紹介:がるこじさん 文:kurukuru)

wild-arms-tv01.jpg■ノーブルレッド族(太陽の下でも平気な吸血鬼)の少女ミラベル。
なぜか京都弁を話します。

wild-arms-tv02.jpg■コウモリに変身してガードマンの二人に近づき催眠術をかける。
出来れば、少女の姿のままやって欲しかったですね。残念。

wild-arms-tv03.jpg■ガードマンの瞼が次第に落ちてきて催眠状態に。

wild-arms-tv04.jpg■コウモリの変身をといて二人の前に立つミラベル。
「よしよし、みんなええお子たちやなあ。館長はんはどこにいてはる?」
牢屋の方向を指さす催眠状態の二人。
ミラベル、にっこり笑って
「おおきに。ほな後は牢屋の鍵もろとこか。うふっ」

(き)きまぐれオレンジ★ロード 

原:まつもと泉
放:日本テレビ(1987)
制:東宝、スタジオぴえろ

超能力一家の長男に生まれた主人公・春日恭介は、父の隆、双子の妹くるみ、まなみの4人家族。超能力が使える事は家族だけの秘密なので、正体がバレるたびに転校を繰り返していた。7回目の転校で引っ越してきた町で、恭介は真っ赤な麦わら帽子をかぶった少女、鮎川まどかに出会いひと目惚れする。
週刊少年ジャンプに連載された大ヒットラブコメディのアニメ化作品。

■第35話「カメラでエッチ!ロボット恭ちゃん」
女の子のパンティが次々と盗まれるという事件が発生。犯人は、悪友二人の命ずるままに犯行を重ねる恭介。実は、妹・くるみに催眠術をかけられ、どんな人の命令でも聞くように暗示をかけられていたのだ。恭介は二人に、鮎川まどかのヌード写真を撮ってくるように命じられ、まどか迫るのだが……

ほぼ全編、催眠状態のままの恭介ですが、肝心のくるみの誘導シーン(といっても、所詮おでこに指一本あてるだけですが)が無く、催眠ネタのエピソードとしてはやや物足りない感があります。
(紹介&文:kurukuru)

kimagure-orange-road01.jpg■パンティ泥棒の正体は、催眠状態の恭介。

kimagure-orange-road02.jpg■実は、妹のくるみ(右)に催眠術をかけられていたのだ。
「このくるみちゃんが、といてあげない限り、お兄ちゃんは、夢の人なんだから」

kimagure-orange-road03.jpg■悪友にまどかのヌードを撮ってくるように命令される恭介。

kimagure-orange-road04.jpg■まどかに迫る恭介。


■第39話「まどかに催眠術! 恭介あぶない正月」
朝から不思議な夢を見てぼんやりしていた恭介は、またしても妹のくるみに催眠術をかけられ犬に変えられてしまう。

物語の冒頭の短い時間ですが、女性支配ファンにはなかなか魅力的なシーンが続きます。後半は、恭介がまどかに催眠術をかけてご奉仕させるシーンがあるので、男性支配ファンにもお薦めしたい所ですが、残念ながらまどかは、実はかかった振りをしていただけという恋愛コメディにありがちのオチが。
(紹介&文:kurukuru)

kimagure-orange-road39-01.jpg■恭介に催眠術をかける妹のくるみ。
「えいっ!!」
「今、大眠という催眠術にかかりやすい所を突いた。お前は既に犬になっている」

kimagure-orange-road39-02.jpg■以前にも、くるみに催眠術をかけられていた恭介は、あっさりと催眠状態に。

kimagure-orange-road39-03.jpg■くるみは犬になってしまった恭介をもてあそぶ。
「私の周りを三回まわれ!!」

kimagure-orange-road39-04.jpg■「おすわり!!」
「ちがう、それはおすわりじゃないの!!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。