スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(お)大江戸捜査網 

放:テレビ東京系(1981~1982)

江戸の町を舞台に隠密同心(松平定信の命によって作られた秘密組織)が悪を退治する時代劇シリーズ。

■第553話「尼僧が誘う妖艶やわ肌蜘蛛」
江戸の町に紅蜘蛛と呼ばれる盗賊一味による強盗事件が頻発。狙われた豪商たちは、いずれも様々な防衛手段を講じていたにもかかわらず、店の内部事情に精通していたかのような盗賊の手口に為す術もなかった。
その頃、願い事を何でもかなえるという「お助け様」という女祈祷師が現れ、民衆の熱狂的な信仰を集めていた。この祈祷師に、商人たちは禍よけの祈祷をお願いしに来るが、実はこの占い師は紅蜘蛛の女頭領。商人たちに催眠術をかけ、金品の在処を聞き出して、紅蜘蛛一味に襲わせていたのだ。

催眠シーンは、相手の目を見つめて催眠状態に落とすというシンプルなものですが、施術者の瞳の中に相手の姿や蝋燭の光を映して見せるなどなかなか凝った演出で、術をかけられた商人や同心の一人、吹雪(岡江久美子)らの虚ろな表情と相まって妖しい雰囲気を出すことに成功しています。
物語のクライマックスのチャンバラシーンで、手に持った着物をグルグル回しダイナミックな動きで同心の一人、流れ星おりん(かたせ梨乃)を催眠術にかけようとするシーンも実に妖術的で素晴らしいですね。
それにしても、河原で子供がトンボの目の前で指を回しているのを見て、これは催眠術による犯罪だと見抜いた松方アニキの洞察力に感服しました(笑)

ooedo-sousamou01.jpg■「お助け様」と呼ばれる評判の女祈祷師の元に禍除けの祈祷をお願いしに来た回船問屋の主人。お上への献上品を盗賊から守るための祈祷をお願いする。

ooedo-sousamou02.jpg■女祈祷師がじっと商人を見つめる。
「御崎屋さん……」
「はい」
まるで磁力を発しているかのような瞳が商人を捕らえ、次第に催眠状態へ導く。

ooedo-sousamou03.jpg■魅力的な瞳のアップ。やがてその瞳の中に被術者の姿や蝋燭の火が映る。術者のパワーが相手を捕らえたという感じが出ていて好きな演出です。

ooedo-sousamou04.jpg■完全に催眠状態に落ちた商人。この後、女祈祷師の質問に何でも素直に答えてしまう。

スポンサーサイト

(な)ナジカ電撃作戦 

放:千葉テレビ、TVKテレビ、テレビ埼玉、CS「キッズステーション」(2001)
制:アンバーフィルムワークス、スタジオ・ファンタジア

全地球規模の地殻変動によって地球全体の陸地の17%が水没した21世紀初頭を舞台に、調香師にしてトップエージェントの柊七虹香(ひいらぎなじか)が、ヒューマリット(人工生命体)の少女・リラと共に活躍する美女スパイアクションアニメ。

■第4話「偽りの星(スター)は甘い罠の香りと共に」
ナジカは、4人組の美少女アイドルグループ「4C'zNs(フォーシーズンズ)」の中にいるヒューマリットを見つけ出し、回収するミッションを命じられる。グループのメンバーを追い詰めたナジカは、メンバーの一人の「お願い、見逃して!!」という言葉を聞いた途端、催眠状態に陥り気を失ってしまう。グループのメンバーには、声で相手を催眠状態にして操る能力があったのだ。

人造人間の特殊能力としての催眠なので、誘導シーンなどは無く、音波による洗脳といった感じのシーンですね。残念なことに最後に催眠で操られていたはずのナジカが、実は耳栓を使って暗示を聞かないでいたというオチなので、催眠ファン的にはちょっと物足りなさは否めません。
(紹介:惣色エルフさん 文:kurukuru)

najika01.jpg■大人気のアイドルグループ「フォーシーズンズ」のメンバーたちを追い詰めたナジカ。

najika02.jpg■だが、メンバーの最後の一人の「お願い、見逃して……見逃して……見逃して……」と繰り返す声を聞いている内に、ナジカは催眠状態に。
彼女達の声にはヒュプノシス効果があり、相手に強力な暗示をかけることが出来るのだ。ナジカは、あえなく気を失ってしまう。

najika04.jpg■実はマネージャーの正体が本当のヒューマリット。グループの4人に催眠をかけて、自分と同じ催眠能力を使えるようにして操っていたのだ。

najika05.jpg■エコーのかかったマネージャーの暗示が物陰に隠れているナジカを襲う。
「なぜ邪魔をするの?あなたは私に逆らうことは出来ないのよ。さあ、出てらっしゃい……さあ……さあ……さあ……」

(き)キカイダー01 

原:石ノ森章太郎
放:NET系(1973~1974)

石ノ森章太郎原作による特撮アクションシリーズ「人造人間キカイダー」の続編。
世界征服のために蘇ったハカイダーの野望を阻止すべく人造人間キカイダー01がハカイダー部隊に立ち向かう。

■第28話「狂った町 恐怖の人魚姫大逆襲」
ビッグシャドウの作り上げた新兵器、人魚姫。彼女は遊園地のイベントステージに登場し、観客に催眠術をかけて誘拐しようとする。

ビキニのお姉様が催眠術をかけるというだけでもうすばらしいの一言なのですが、「私の目を見るのよ」という言葉、全身からズームして目のアップ、妖しげな効果音というお約束の催眠術演出が嬉しいですね。
催眠シーン以外でも、人魚姫に対するハカイダーの反応や、人魚姫最後のやけっぱちボイン爆弾(笑)など見所の多い作品でもあります。
(紹介&画像提供:通りすがりさん 文:kurukuru)

kikaider01-01.jpg■ビッグシャドウの指令を受けた、人魚姫。彼女はショーのステージにビキニ姿で登場する。

kikaider01-02.jpg■観客はその美しい姿に目をそらせなくなる。

kikaider01-03.jpg■人魚姫は妖しげに手を動かしながら観客に向かって話しかける。
「さあ、私の目を見るのよ……催眠術にかけてあげるから……」

kikaider01-04.jpg■美しい人魚姫のヒュプノティックな目。やがて観客は放心状態となり突然現れたハカイダー部隊に連れ去られようとする。

(雑記)更新しました 

画像追加して亜衣ちゃん第2弾完成。

今回は、ちょっとシミュレーションゲーム風にしてみました。
恋愛シミュレーションならぬ催眠シミュレーション。
FDファンの私としては、こういうゲームが欲しいです、実に。
もちろん声優さんのフルボイス付きで。

催眠にかけられた後は、会話中の選択肢が「彼女に従う」オンリーになります(笑)
それじゃゲームになりませんが(^^;)

皆さんはどうですかね~?

(創作)メイド喫茶「ラポール」へようこそ 

sosaku-maid-cafe01.jpg

ic-ai.gif「お帰りなさいませ。ご主人様ぁ」

「ご主人様、こちらは初めてでいらっしゃいますね?メイドの亜衣と申します」
「当メイド喫茶ラポールは、素敵なご主人様との暖かい心の交流をモットーとしています。どうぞリラックスして楽しんでいってくださいねっ」
「きっと忘れられない素敵な思い出が出来ることと思います」
続きを読む

(に)忍者部隊月光 

原:吉田竜夫
放:フジテレビ系(1964年1月~1966年3月)
制:東映

世界征服を企む悪の秘密組織に立ち向かう忍者部隊の活躍を描くアクションヒーロー作品。マキューラ編にレギュラーとして登場する悪の幹部、M3号(浜村美智子)はペンダントを使った催眠術の使い手。

■第92話 キッドナップ(誘拐)作戦 前編
世界的な貿易会社、辰見貿易は核物質を無効化させてしまう特殊装置を世界連合本部に運搬する業務を行っていた。その会社を狙ったマキューラ団は、社長をホテルのロビーに呼び出す。そこに現れたのはマキューラ団員の女幹部M3号。彼女は社長に催眠術をかけ、アジトへ連れ去ってしまう。

M3号を演じる浜村嬢は、1950年代の終わりに歌手として一世を風靡したこともあるセクシー系エキゾチック美人。催眠シーンは、ペンダントを見つめさせるだけで暗示はありませんが、妖しい雰囲気たっぷりに演じてくれます。
(紹介&文:kurukuru)

ninjyabutai-gettko01.jpg■ホテルのロビーに偽の情報で呼び出された貿易会社の社長の前にマキューラ団の女幹部M3号が近づく。

ninjyabutai-gettko02.jpg■社長のすぐ側の椅子にかけたM3号は、じっと社長を見つめ続ける。
見つめられただけで催眠に落とされそうな素晴らしい目ですね。

ninjyabutai-gettko03.jpg■M3号が胸にかけているペンダントが、妖しげな光を放って社長の視線を釘付けにする。

ninjyabutai-gettko04.jpg■やがて社長の目が虚ろになっていき、視界がぼやけ、催眠状態に。地味な演出ですが、それが催眠術らしさを逆に醸し出してくれます。

(こ)告白しなさい! 

作:美内すずえ
単:集英社マーガレット・コミックス「ジュリエッタの嵐」所収(1974)

学生のワコは催眠術の医学的な効力に興味を持ち、親に内緒で催眠術教室に通っていた。一月の間に覚えた知識で、学校の不良・モサに催眠術を試してみようとするが、ことごとく失敗。そんなとき学校を乗っ取ろうとする暴力団・荒熊組が集団で押しかけてくる。偽の借用書を使って校長に迫る彼らにワコは催眠術で対抗しようとするが……

少女漫画の大御所・美内すずえさんの短編。催眠術のことを良く取材して描かれているようです。主人公のワコの催眠シーンですが、かなりのコマ数を使って暗示による誘導が描かれています。
当時の少女漫画らしい恋愛を絡めた明るい話と絵柄で催眠術の妖しさはあまり感じられませんが、催眠術をメインテーマにした数少ない貴重な学園漫画です。
(紹介:ぽんぽこさん 文:kurukuru)

kokuhaku-sinasai01.jpg■ワコは催眠術教室に入門してひと月、理論をみっちり勉強。学校で友達にそそのかされ、覚え立ての催眠術を不良の雨宮(通称モサ)に試してみるが(凝視法や驚愕法など)すべて失敗。自信を失いかける。

kokuhaku-sinasai02.jpg■学校に嫌がらせを続けていた暴力団・荒熊組のチンピラに絡まれたワコは、一か八か五円玉を使って催眠術に挑戦。チンピラの一人を見事に催眠状態に落とすことに成功。

kokuhaku-sinasai03.jpg■学校を奪いに来た暴力団に集団催眠をかけるワコ。
「おまえたちはそこから動くことができない!」「そう、足が地面にくっついてしまった!はなそうとしてもはなれない」「体が前後にゆれてくる!大きく大きくゆれてくる!もう立っていられない!」「ひざをまげて座ってしまう。さあまぶたが重くなってきた!」
たたみかけるような暗示が見事です。

kokuhaku-sinasai04.jpg■校長室に居座る組長にワコは五円玉を使って催眠術をかけ、悪事をすべて告白させてしまう。
「わたしがこうやってひたいに手をあてているとだんだん意識がなくなってくる。もう私の声しかきこえない。わたしのことばにさからうことはできません」「さあ告白しなさい!あなたはこの学校をのっとるつもりだったのですか?」

(と)特命!刑事どん亀 

放:TBS・JNN系列(2006)

日々多発する凶悪犯罪に対応するため、警視総監の発案で作られた特別組織「極秘捜査課」の活躍を描くアクション刑事ドラマ。彼らは世間にその存在を明かされていない影の組織であり「赤い警察手帳」と「金の手錠」を身に付けている。

■第8話「指令8 殺人ロボット」
不正献金疑惑を掛けられた代議士・権堂を糾弾していた野党代議士が通り魔に殺される事件が発生。その通り魔はその後、車に飛び込み自殺をしてしまう。極秘捜査課は権堂の周辺を洗うと共に事件の真相を暴くために動き出した。
事件の真相は、権堂が目をかけている女、柴田(秋本奈緒美)が自ら経営しているヒーリングルームを利用して客に催眠術をかけて操り、通り魔殺人をさせていたのだった。

刑事物では長いシリーズには必ずと言っていいほど登場する催眠術殺人事件ですね。秋本嬢の雰囲気、ルックス共に女性催眠術師としての魅力に溢れており、ドラマの序盤、次々に一般市民を殺人者や娼婦に仕立て上げていく術師としての腕前に否が応にも期待が高まります。
さて肝心の催眠シーンは……
まず最初は極秘捜査課のメンバー、竜介(的場浩司)に催眠をかけるシーン。罠にはまって捕まった竜介に催眠剤をかがせて意識が朦朧となったところで暗示をかけるというものなのですが、さあこれから暗示を与えるぞというシーンで場面転換(泣)
また後半のクライマックスでは、極秘捜査課の全員が捕まり催眠術をかけられるシーンがあるのですが、ここでも誘導シーンはカットされ、既に催眠状態にある面々に秋本嬢が暗示を与えるシーンが少々。
しかも実は全員特殊な耳栓をしていて、全くかかっていなかったという催眠ファンには絶望的な(嘘)落ちが待っていました(^^;)

う~ん、実におしいですねえ。
しかし、最近のドラマでは珍しく女性催眠術師を恐ろしく妖しげな感じで描写してある点は個人的に高く評価したいと思います。
例によって足りない部分は脳内補完で楽しみましょう(笑)
(紹介:Dr.Kさん 文:kurukuru)

dongame01.jpg■客に催眠術をかけ自分の手先として操るヒーリングルーム「ホーリーランド」の支配人・柴田。常連客の女に電話で暗示をかけ、娼婦にしてホテルへ向かわせる。
柴田「何をされても逆らっちゃダメ。いいわね。」
女「……わかりました」


dongame02.jpg■柴田の罠に落ちた竜介。催眠術で操られた兵隊たちに囲まれ捕まってしまう。
「残念だったわね。ここのオーナーもね、あたしの操り人形なの」

dongame03.jpg■柴田「催眠術かけられるってねえ、そんなに悪い気持ちじゃないの。この連中の頭の中は、今眠っているときと同じ状態なのよ。ふわふわとした心地で、あくせく働かされていたときよりも何倍も気持ちいいの。うらやましいでしょ」
竜介「ふざけんな!!」
柴田「遠慮しなくても良いのよ。あなたにもその気持ち味あわせてあげる」

dongame04.jpg■ついには極秘捜査課のメンバーも皆、催眠術をかけられる羽目に。
「皆さんは今、心地良い母親のおなかの中にいるの。気分はどう?」「あなた達はこの波の音が大好きなの。だからこの音を聞くともう私の言うことには逆らえなくなるの。言われるままになるのよ」

(に)忍空 

原:桐山光侍
放:フジテレビ系(1995)

忍術と空手を組み合わせたような武術「忍空」を操る3人の忍空使いの活躍を描いたアクションアニメ。主人公・元忍空の風助は、友達のペンギンヒロユキと旅する途中、昔の仲間、藍眺、橙次、とその妹、里穂子に出会い、5人はそろって旅をすることになる。

注目すべきは帝国軍三大軍師の1人で、幻術を使う女戦士メキラ(声:平松晶子)。女だけで構成される部隊を率いて、忍空抹殺を狙っています。メキラ軍の女性戦士はすべて幻術使いで美人揃い(一部を除く(^^;))
すばらしい設定ですね。

■第34話「死を呼ぶ幻!」
振り子や花びらを使った彼女たちの幻影攻撃がふんだんに見られます。特にメキラ大佐が風助たち忍空使いを眼力だけで屈服させるシーンはまさに圧巻。
(紹介:がるこじさん 文:kurukuru)

ninku01.jpg■忍空抹殺を狙うメキラ大佐が風助たち3人の前に立ちふさがる。
「我が祖国を滅ぼした忍空は、私の幻術で滅ぼす!!」
普段はお酒ばかり飲んで酔っぱらっている彼女ですが、戦闘になると、別人のような口調と動き。そのギャップがたまりません。

ninku02.jpg■「あたしの水晶眼に耐えられるかしら!!」
メキラの必殺幻影攻撃。
個人的に催眠の効果を現す派手な表現は好きではないですが、同心円や渦巻きは「かかってる」感があって好きです。

ninku03.jpg■お約束の目のアップ。風助が幻術に引き込まれる感じが良く表現されています。
「目なんか閉じても無駄よ」というメキラの台詞もナイス。

ninku04.jpg■幻術にかかった風助。地面に吸い込まれる幻覚を見せられ体が動かなくなってしまう。
「勝負あったわね。フハハハハハ」
女性支配ファンの心を鷲づかみにするすばらしいメキラの高笑い。

(の)のだめカンタービレ 

作:二ノ宮知子
単:講談社コミックスキス(2004)

桃ヶ丘音楽大学ピアノ科の学生・野田恵(あだ名が「のだめ」)は楽譜を読むのは苦手だが、一度耳で聴けば完璧にその通りに弾けてしまう才能の持ち主。その演奏は自分の好き勝手に暴れまくり飛び跳ねる制御不可能なもの。また、彼女の家の中はゴミため状態で、髪は4日おきにしか洗わない、友達のお弁当を勝手に食べる、等々の非常識ぶり。

そんな彼女がある夜一目惚れしたのは、同じピアノ科の先輩、千秋真一。ピアニストの息子で指揮者志望の千秋はイケメンで学校中の憧れの的。しかしとある理由から自らの音楽に行き詰まり悩んでいた。
最近のクラッシック音楽ブームの火付け役でもあり講談社漫画賞も受賞した話題作。

第8巻にのだめが飛行機恐怖症の千秋に催眠術をかけて彼の過去を探り、恐怖症を取り除いてあげるというエピソードがあります。
のだめがいきなり催眠術を使うのは、なんとも唐突すぎる様な気もしますが(入門書見ながらやってるし(笑))きちんと暗示を与えて誘導しているところは催眠ファン的には好感が持てます。
たまにはこんな癒し系の催眠術シーンも良いですね。
(紹介&文:kurukuru)

nodame01.jpg■千秋へのプレゼントの懐中時計を使って、のだめは千秋に催眠術をかける。
「よーく見てください。だんだんまぶたが重くなってきマス」「あなたはまぶたが重くて重くて……目をつぶらずにはいられなくなりマス」「はうー……がまんできまセン」
個人的には、のだめの「はうー」がツボに来ました(^^)


nodame02.jpg■催眠状態に入った千秋。のだめは彼のトラウマとなっている昔の飛行機事故の際の出来事を思い出させて、罪の意識を取り除いてあげる。その後タイマーを使って覚醒の条件暗示を与える のだめ。
「タイマーが鳴ったら目を開けてくだサイ。目を開けると目を閉じていた時体験したことや話していたことはすべて忘れてしまいます」


(雑記)更新しました 

・「亜衣ちゃんのプチ催眠術ショー」さらに画像追加して一応完成。
「続きを読む」をクリックしてご覧下さい。

いや~、こんな娘がいるメイド喫茶があったら入り浸りですよ(^^;)

(創作)亜衣ちゃんのプチ催眠術ショー 

sosaku-show00.jpg

ic-ai.gifは~い、亜衣ちゃんです!!
今あたしは、ここメイド喫茶「ラポール」でバイト中。もちろん瞳先輩には内緒ですぅ。

今日は、ここの小さなステージで、あたしの初めてのショータイムがあるんで、ちょっと緊張気味。毎日、日替わりでメイドさんたちが何か特技を見せるんですけどぉ、今日はついにあたしの番っ!!
もちろんネタは……催眠術ですっ!!

今日は、術にかかりやすそうな女の子のご主人様たちが沢山来てらっしゃるので、失敗してドジっ娘にはならないで済みそうですぅ!!ラッキーぃ!!

続きを読む

(が)ガメラ対深海怪獣ジグラ 

制:大映(東京撮影所)(1971)

人類を征服すべく、地球にやって来たジグラ星人。彼らは振動波発生装置を使って世界各地に大地震を起こし人類に降伏を要求してくる。海底に潜伏する円盤の中にいたジグラ星人の女(八並映子)は、催眠術を使って人々を眠らせる力を持つ。彼女は円盤から逃げ出した地球人の子供達を追って鴨川シーワールドに潜入する。

ストーリー的にも特撮的にも、かなりトホホ感が強くなった旧ガメラシリーズ終盤の作品ですが、この催眠術おねーさんのお陰で個人的価値多少アップ(笑)
誘導シーンは、目が光って指をスナップすると相手が催眠状態になるというあっさりしたものですが、八並映子嬢が実に色っぽく、宇宙服→水着→ミニスカという様々なコスプレで催眠シーンを演じてくれているのは嬉しい限り。
(紹介&文:kurukuru)

gamera-tai-jigura01.jpg■ジグラ星人の女性。光る目で相手を睨み付け、指を鳴らし催眠術をかける。

gamera-tai-jigura02.jpg■海で漁をしていた3人組の女性に催眠をかけて、水着を奪う。

gamera-tai-jigura03.jpg■水着姿で鴨川シーワールドに潜入したジグラ星人は、通りすがりの女性に催眠をかけて服を奪う。

gamera-tai-jigura04.jpg■シーワールドの中で自衛隊員に発見され、催眠術をかけて眠らせる。

(か)科捜研の女 

放:テレビ朝日(1999)

京都府警の科学捜査研究所を舞台に、女性研究員、榊マリコ(沢口靖子)の活躍を描いたミステリードラマ。

■第1シリーズ第9話「LAST File 美しき女医の正体!危険な誘惑の果て…」
刑事殺しの犯人・栗原の背後に糸を引く人物の存在が発覚。栗原が通っていた歯科医の牧野光(田中美奈子)が、栗原をマインドコントロールして殺人を犯させていたのだ。マリコを仲間に引き込もうとする光は、マリコに暗示をかけようとするが失敗したため、同じ科捜研の奥田奈々美(小林千香子)に催眠をかけ、マリコを殺害しようとする(携帯電話の着信音をトリガーとした後催眠で、殺人を犯させようとする)

犯人を演じる田中美奈子嬢の目は、ヒュプノティックでなかなかグッドですね。エレベーターの中で、マリコに暗示をかけようとするシーンが最大の見せ場でしょうか。出来れば奈々美に催眠をかける場面が欲しかったところです。
(紹介&文:kurukuru)

kasoken-no-onna01.jpg■光は、歯科医という立場を利用して人々に催眠をかけ、マインドコントロールする。

kasoken-no-onna02.jpg■エレベーターの中で光はマリコに暗示をかけようとする。

kasoken-no-onna03.jpg■「捨てるのよ、よけいなものを……自由になればもっとあなたは輝くことができる……私がその世界へ連れてってあげる……」

kasoken-no-onna04.jpg■光の後催眠暗示により、携帯電話の着信音を聞いた奈々美は、マリコを殺害しようとする。

(雑記)本日正式オープン 

「魔法の瞳」をジオシティーズよりFC2ブログに正式移行しました。
ライブラリの新着データも今後はこちらへアップしますので、お気に入りやブックマーク等の変更をよろしくお願い致します。
これからもどうぞ当ブログをご贔屓に。

・テンプレート変更。看板娘ヒュプノメイド瞳ちゃんの輝き度120%アップ(^^)
・「亜衣ちゃんのプチ催眠術ショー」画像追加。(「続きを読む」をクリックすると見られます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。