スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(で)DS西村京太郎サスペンス2 新探偵シリーズ 金沢・函館・極寒の峡谷 復讐の影 

制:テクモ(2008/11/13)
メ:ニンテンドーDSソフト

ミステリー作家、西村京太郎氏原案・監修の本格的サスペンスゲームの第2弾。
プレイヤーは主人公の私立探偵・新 一新(あらた いっしん)となって全三章の難事件に挑む。

■第三章「鳴り止まぬ鎮魂歌」
行方不明になった探偵事務所の助手、明日香を追って一新は、極寒の峡谷にある代議士、鮫島鬼重郎の邸宅へ。そこで起きた連続殺人事件。それはなんと鬼重郎の一人娘、楓による犯行だった。だが楓にはなぜか犯行時の記憶が全く無い。
楓の言動に不可解なものを感じた一新は、調査を進めていくうちに、彼女が真犯人の催眠術により操られていたことに気づく。代議士の主治医が催眠術オタクのせいで、この屋敷に住んでいる秘書とメイドも催眠術が使えるという。はたして楓に催眠術をかけて操ったのは誰?

ミステリーではタブーの題材を扱いながらも、後催眠暗示や催眠術で理性や生存本能に反する行動は強要出来ないなど様々な催眠術の知識を取り入れて、きっちり作品としてまとめてあるところはさすが大御所の西村先生。しかしゲーム画面に施術シーンが全く無いのは催眠ファン的にはやはり残念。

もちろん当ブログでこの作品を扱うのは登場人物の一人、メイド催眠術師の留美ちゃんがいるからです。彼女は「盗み聞き」が趣味で「追われると逃げたくなる」性分(笑)というなんとも素敵なキャラ。
西村先生にはぜひ留美ちゃんを主人公にしたスピンオフ作品「DS西村京太郎サスペンス番外編 メイドは見た!」(笑)を作ってほしいものです。
(紹介&文:kurukuru)

ds-nisimurakyotaro01.jpg■鮫島邸に3年前から雇われているメイドの留美。物静かで控えめな雰囲気だが、屋敷内のあちこちに突然現れ主人公をビックリさせる。
う~ん、犯人臭をプンプン匂わせています。

ds-nisimurakyotaro02.jpg■一新たちの会話を盗み聞き、催眠術をかけたのは自分ではないと主張する留美。
個人的にはぜひ留美ちゃんの犯行であることを願うばかりです。

ds-nisimurakyotaro03.jpg■鮫島の主治医、飯田橋の催眠術に関する蔵書を読んで自力で催眠術を覚えた留美。楓に遊びで催眠術をかけていたらしい。
おおっ、いったいどんな遊びなのか?催眠ファンとしてこのへんは妄想力をかき立てられますね~。

ds-nisimurakyotaro04.jpg■楓は鐘の音を聞くと催眠状態に堕ちるという後催眠暗示を与えられていた。
(悲しいネタバレ)犯人は留美たんではありませんでした(^^;)
プレイされる方は過剰な期待はしない方がよろしいかと。

スポンサーサイト

(お)想ひ出坂 

製:U・Me SOFT(1998)
メ:CD-ROM(Windows95)

教育実習生として自分の母校へ戻ってきた主人公(プレイヤー)が、学校内で起こる不可思議な連続殺人事件に巻き込まれる、アドベンチャーゲーム。
保健室の女の先生が、催眠術を使う。ヒロインの女子高生が、催眠状態で操られて主人公に迫るシーンなど、催眠ファンにはなかなかおいしい場面があるが、先生役の声優さんがセリフを棒読みなので、今ひとつ盛り上がりに欠ける。
(紹介&文:kurukuru)

■追加情報
2006年10月現在、このソフトはリニューアルされて、ネットでDL販売されているようです。
タイトルは「想ひ出坂R」

(あ)アクエリアンエイジ 

制:ブロッコリー

ブロッコリーから発売されている萌え美少女をモチーフとしたトレーディングカードゲーム。
数多くのカードの中に女の子の催眠術師が描かれてるものが存在しますが、現在確認されている5枚をご紹介します。
この素敵な二人のキャラクター、このカードゲーム以外の(漫画、アニメ等)展開は無いようですが、一枚絵からでも妄想を膨らませて楽しむのが催眠ファン(^^)
(紹介&画像提供:musoさん 文:kurukuru)

minagawa-remu01.jpg■催眠術師皆川麗夢
画:Yu Nanahara
麗夢ちゃん、何かを企んでいそうな口元の笑みが良いですね。
定番小道具の五円玉の揺れ具合といい背景の渦巻きといい小悪魔催眠術師としての魅力に溢れた一枚です。

minagawa-remu02.jpg■女子高生催眠術師皆川麗夢
画:水上カオリ
女子高生になった麗夢ちゃん、催眠術の腕もずいぶん上がったのでしょう。でも相変わらず催眠アイテムは五円玉のようですが(^^;)
それにしても麗夢ちゃん、夕暮れ時に給水塔?の上に座って誰に催眠術をかけているのでしょうか?

yazu-hitomi01.jpg■ヒュプノティスト谷津瞳
画:硝音あや
瞳ちゃん、ロリっぷりが素敵ですが、出来れば催眠術師としてのパフォーマンスを見せているシーンが欲しかったですね。
見つめる相手の魂を吸い込んでいきそうなパープルアイが魅力的です。

yazu-hitomi02.jpg■ヒュプノティスト谷津瞳
画:硝音あや
手にからみついてるリボンは催眠の小道具でしょうか?
リボンを相手の目の前でくるくる新体操のように回して催眠にかけるとか(^^;)

yazu-hitomi03.jpg■ヒュプノ谷津瞳
画:Kaoru Yaezaki
上の2枚と同一人物とは思えませんが(笑)まぎれもなくこれも瞳ちゃんです。おそらく施術中はロリっ子の影は微塵もなく相手をグイグイ催眠の世界に引き込んでいくのでしょう。そのギャップがまた魅力。

(し)シルバー・ジーン ミューティアクロニクル1 

制:キャンドル(2001/03/02)
メ:CD-ROM(Microsoft Windows95/98/2000/Me日本語版)

一人暮らしの大学生、柴田祐二は偶然ゴミ捨て場で、耳と尻尾のある少女ミィを拾う。彼女は記憶喪失で、その素性は不明。だがこの時から祐二は奇妙な事件に巻き込まれていく。ミィをつけ狙う謎の少女、香織とその一味。さらに銀の牙と毛並を持つアルファの登場。やがて浮かび上がるミィの正体とは。

当ブログ的に注目すべきは、香織の部下の「みゆき」でしょう。その特技は特殊な眼鏡を使った催眠術です。物語の中盤で、香織に捕らわれた祐二に、みゆきは催眠術をかけて性奴隷ににしようとします。導入暗示はありませんが、最初は抵抗していた主人公がいつの間にか、みゆきの誘導によって楽しまされてしまう過程がなかなかよく描けてます。ただ、催眠シーンはゲーム中この1カ所しかありません。さらに声優さんが入ってないのは残念なところです。FDファン向けでしょうか。グラフィックはとても綺麗で、システム的にもストレス無くプレイ出来ました。
(紹介&文:kurukuru)

mutia-chronicle01.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。