スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(あ)アニメ三銃士 

原:アレクサンドル・デュマ・ペール
放:NHK(1987~1989)
制:NHK・NHKエンタープライズ

17世紀初頭のフランスを舞台にした小説「三銃士」を漫画家モンキーパンチが翻案。フランス国王ルイ13世直属の「三銃士」の見習いとなった少年ダルタニアンの冒険と成長を描く長編アニメ。

謎の女ミレディー(声:平野文)の催眠術はファンの間では海外も含めて有名なものですが、個人的に今ひとつ惹かれないのは、彼女が催眠術をかける時ペットのペペ(白い小猿)を使うからなんですね。ペペの尻尾がゆらゆらと揺れ、それを見つめている相手が催眠に堕ちるというパターンなんですが、どう見てもペペが催眠をかけているとしか思えない(笑)

彼女が催眠術をかけるパターンには3種類あり
1:ペペの尻尾を使ってかける
2:眼力でかける
3:ペンダントを振り子にしてかける

私が好きなパターンは2と3なのですが、1に比べて非常に少ないのが残念なところ(^^;)
ここでご紹介するのは、全エピソードで多分これ1回きりだと思われる振り子催眠のシーンです。

■第45話「アラミスの秘密」
フィリップにルイ13世の処刑命令書の署名を求めるマンソンとミレディ。だがフィリップがこれを拒否したため、ミレディは催眠術を使って彼を操ろうとする。
(紹介&文:kurukuru)

anime-sanjyusi01.jpg■例のごとく猿のペペを使おうとするミレディ。だがペペはこの後、アラミスに捕獲されて行方不明に。アラミスGJ(笑)
マンソン「ペペがいなければだめなのか?ミレディ」
ミレディ「いいえ。マンソン様、ペンダントをお貸し下さい」

anime-sanjyusi02.jpg■フィリップの目の前でペンダントを揺らしながら催眠誘導するミレディ。
「これをごらんください」

anime-sanjyusi03.jpg■「……思い出してごらんなさい……あの憎いルイがあなたに何をしましたか?」

anime-sanjyusi04.jpg■催眠状態のフィリップ。
フィリップ「私という双子の兄弟がいることを世間に隠すため、私を人目につかぬ田舎に追いやり屋敷の中に閉じこめた……」
ミレディ「それだけ?」
フィリップ「それだけではない……鉄仮面に命じて私をさらい鉄の仮面をかぶせて地下牢に監禁した……」
ミレディ「そのような酷い仕打ちをしたルイが死刑になっても当然の報いだとは思いませんか?……いかがです……」
フィリップ「……思う」
ミレディ「じゃあ命令書にご署名を」



スポンサーサイト

(ち)地球防衛家族 

原:河森正治
放:WOWOW(2001)
制:グループ・タック

千葉県船橋市に暮らす平凡な一家族が、宇宙怪獣を相手に謎の存在から与えられたパワーを使って地球防衛のために活躍する。

■第1話「地球最期の日」
主人公の男子小学生、大地大の隣席に忽然と現れた謎の美少女。見覚えのない彼女を訝しがっている内に、大は少女に催眠をかけられ彼女が転校生だという偽の記憶を植え付けられてしまう。

白鳥エレンがとてもかわいいです。彼女の催眠シーンは唯一、自分が転校生だと大に思いこませる場面のみですが、エレンの顔が徐々にアップになりつつ「わたしよ、わたし……」と呟くシーンは妖しい雰囲気が出てていいと思います。
(紹介:惣色エルフさん 文:kurukuru)

tikyu-boeikazoku01.jpg■大の隣の席にに謎の女の子が突然現れる。
大「誰だおまえ、いきなり……」

tikyu-boeikazoku02.jpg■女の子は大をじっと見つめて呟く。
「あれ、わすれちゃった?大地大くん」
「ほら、わたしよ、わたし……」
女の子の目が妖しく輝く。

tikyu-boeikazoku03.jpg■見つめられた大は催眠状態に。
大「あ……白鳥エレン」

tikyu-boeikazoku04.jpg■大「そっか、この間転校してきたんだっけ、おまえ」
大は偽りの記憶を植え付けられてしまう。

(も)燃えろアーサー 白馬の王子 

原:トーマス・マロリー(翻訳:御厨さと美)
放:フジテレビ系(1980)
制:東映動画

罪もない人々を苦しめる悪党ザイキングを倒すため、キャメロットのアーサー王子が身分を隠して旅に出る。普段はしがない青年アーサーとして旅を続けているが、ひとたび事件が起これば「白馬の王子」を名乗り正義の剣を振るう。前作「円卓の騎士物語燃えろアーサー」の続編。

■第15話 怪奇!幻のギネビア姫
白馬の王子が実はアーサーではないかと疑うラビック王は、魔女メデッサの力を借りて王子の正体を暴こうと企む。メデッサの従姉妹で狼族のギルはギネビア姫に化け、アーサーを古城へ導き入れることに成功。二人きりになったところで催眠術をかけ正体を明かさせようとする。

美しいギネビア姫の目が妖しく光り、七色の丸い光がぐるぐると円を描く催眠効果の表現は他ではあまり見たことがなく、なかなか素晴らしいものがあります。もう少しで堕ちそうになったアーサーですが、聖なる盾のおかげで難を逃れたのがなんとも女性支配ファンには惜しい展開ですね。
(紹介&文:kurukuru)

moero-arthur01.jpg■ギルはギネビア姫に化けてアーサーを城の中に導き入れる。
ギネビア姫「ここにはあたくしたちだけしかおりません。どうぞご安心なさって兜をお脱ぎくださいませ。」
アーサー「姫……?」

moero-arthur02.jpg■ギネビア姫「あなたはキャメロットのアーサー王子でございましょう?」
突如、ギネビア姫の目が妖しく光るとアーサーは動けなくなってしまう。
アーサー「う……!?」
ギネビア姫「目をおそらしにならないで!!」
アーサー「ぐ……ああああ……」

moero-arthur03.jpg■ギルの魔力に引き込まれながらもアーサーは必死で過去の記憶を探り、目の前のギネビア姫が偽物であることを見抜こうとする。
アーサー「……おかしい目がくらむぞ……それにギネビア姫ならサクソン城で出会ったはずだ……そうだ、いまさら私を確かめようとするはずがない」

moero-arthur04.jpg■しかし、さらにギルは催眠力を上げアーサーの心を縛り上げようとする。
ギネビア姫「さあお答えください。あなたはアーサー王子なのですね?」
アーサー「はなしてくれ……こ、この手を……ギネビア姫!!」
ギネビア姫「私はカメリヤードのギネビア姫。あなたはキャメロットのアーサー王子。そうなのでしょう?」
アーサー「違うんだ……私はアーサー王子ではない……あなたもギネビア姫ではない……」
抵抗しながらも姫の魔力から逃れられないアーサー。

(げ)ゲッターロボ 

原:永井豪 石川賢とダイナミックプロ
放:フジテレビ(1974~1975)
制:東映・フジテレビ

石川賢の代表作にして合体ロボの元祖と言える漫画のアニメ化作品。

■ 第34話「女竜戦士ユンケの涙」
ゲッターナバロン砲の建設が進む中、リョウマは死んだ妹に瓜二つで同じ名を持つ少女ジュンに出会う。リョウマは彼女の看病やリハビリの手伝いをするようになるが、その正体はユラー直属の女竜戦士ユンケだった。彼女は音楽鑑賞に見せかけた特殊な洗脳装置を使ってリョウマに暗示をかけ、ゲッターナバロン砲の情報を聞き出す。
ユンケのキャラクターはなかなか魅力的ですが、装置を使った催眠というのが個人的には残念。
(紹介:ワイワイさん 文:kurukuru)

getter-robo01.jpg■女竜戦士ユンケは、竜馬の死んだはずの妹に化け、事故を装い竜馬に近づく。

getter-robo02.jpg■ユンケは、音楽を使って竜馬を催眠状態にする。
「お前の名前を言ってみなさい」
「……流竜馬……」

getter-robo03.jpg■ユンケは、竜馬にゲッター2、3にチェンジさせてはいけないという暗示をかけて、研究所へ返す。

getter-robo04.jpg■暗示にかかった竜馬は、ゲッター1のまま強引に戦い、誤ってナバロン砲を切断してしまう。

(ざ)The かぼちゃワイン 

原:三浦みつる
放:テレビ朝日(1982~1984)
制:東映動画

主人公、青葉春助は体は小さいが女嫌いの硬派を自称する熱血漢。私立サンシャイン学園に転校してきた彼は、学園に着いた途端に朝丘夏美(ニックネームは体が大きいところからLサイズの「エル」)という女生徒に一目惚れされてしまう。
80年代「週刊少年マガジン」で人気を博した同名ラブコメ漫画のアニメ化作品。

■第28話「催眠術で 大接近!!」
春助は古本屋から適当に仕入れてきた本の中から「催眠術入門」を読み始める。応援団の団長たちに試してみるが、さっぱり上手くいかない春助はエル(声:横沢啓子)を実験台にしようとするが。

春助がエルに、その後エルが春助に催眠をかけるシーンが、かなり長い尺を使って描かれています。導入暗示もありアニメ作品に登場する施術シーンとしては出色の出来と言って良いでしょう。エルは実はかかった振りをしていただけというオチがあるので、男性支配ファンには残念かも。
(紹介&文:kurukuru)

kabotya-wine01.jpg■春助は覚えたての催眠術をエルに試してみる。壁をコツコツと叩きながら暗示を与える春助。
「この音だけに精神をを集中させて……だんだん音が遠ざかっていく」

kabotya-wine02.jpg■今度は逆にエルが春助に催眠術をかける。
「ほおら、だんだんまぶたが重くなってきた……開けようとしても開けられないわよ」

kabotya-wine03.jpg■「いい、体中の力が抜けてとってもリラックスしてくるわよ」
あっさりと催眠状態に入る春助。

kabotya-wine04.jpg■「心がウキウキしてきます……ほらぁ、ジャズダンスでもしたい気分になってきた……手を三回たたくと体が勝手に動いて踊り始めるわよ、いい」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。